食事実践の前の3つのポイント

皆さん、こんにちは。

イートレ心斎橋の嘉納です。

 

ダイエットには運動の他、食事の改善も必要です!

 

そこで主に言われることが

『たんぱく質』を増やし、『糖質』と『脂質』の量を減らすという

栄養素に関わるポイント!

 

今回は食事の仕方のポイントのご紹介です!

 

食事はダイエットだけでなく

肌荒れや花粉症、アトピーや体調にも関わっています。

 

 

お身体の変化は食事の変化

ここ数年で食事の文化はかなり変化しています。

 

例えばジャンクフード、カップ麺など

こういった食事を毎日続けていると

肌荒れや体重増加につながります。

 

子供の頃の食事は若さという力で何の不満もなく

解決していきますが、年齢を重ねていくと

それができなくなり、運動や食事を気にしていき

たまにそういった食事を摂っても身体が解決してくれる

状態を作るのがポイントです。

その状態を作るために

まずは身体から『出す』

 

●身体のサイン

特に肌荒れが出てきたり、体重の増加などは

身体からの食事の変化をしてくださいというサインです!

私もお菓子を食べ過ぎるとサインが出ます。。。

 

そういったサインが出れば食事を思い出し

『いつもより外食が多かったな』『そういえばお菓子多かったな』

『コンビニで済ませていることが多いな』等の

いつもと違う所を探し、それを控えてみて下さい!

コンビニの商品などは添加物が多く含まれています。

まずは体内にある添加物等を出す。

そのために一旦控えると

お肌の調子やお身体のスッキリ感、お通じの改善等の

身体に良い変化が現れると思います!

 

 

極端な〇〇抜きダイエットの結果の先

●炭水化物

炭水化物は

脳や身体にエネルギーを送り生命の維持にに欠かせない存在です。

極端に抜いてしまうと集中力の低下や疲労蓄積

さらに言えば、痩せた後にリバウンドする確率が非常に高いです!

せっかく頑張って痩せたにもったいないです!

 

大切なのは摂らないのではなく

いらないものを減らし、良い物を摂ることです。

 

 

炭水化物は小麦よりもお米で摂る

炭水化物の種類にも

おすすめとそうではないものがございます。

 

その中でもおすすめなのがお米です。

特に玄米・五殻米は腸内をキレイにしてくれるので

腸内環境を整えるという面でも大活躍です。

 

じゃがいもやさつまいも等もおすすめですが

大量のバターを乗せたり、揚げたりすると余計なカロリー摂取になってしまうので、調理方法には注意が必要です。

 

炭水化物(米類)を摂取するタイミングはお昼が一番効果的です。

お昼なら多めに摂っても問題ありません

 

まとめ

●身体から『出す』

●極端な〇〇抜きダイエットは体重は減るが

身体への悪影響の方が大きい

●炭水化物を摂るなら小麦よりもお米から

 

朝食は軽い果物や発酵食品

昼食はご飯を中心の和食料理など

夜食はみそ汁やスープ類がおすすめで

ダイエットだけでなく体内の調子も整えてくれます。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

これからも皆さまの美と健康を支えられるように、
色々な情報発信をしていきます。

他にも、こんなことについて知りたい!など
ご意見いつでもお待ちしております。

 

 

公式LINE
↓ ↓ ↓
https://lin.ee/4jd0hNG

公式Instagram
↓ ↓ ↓
https://www.instagram.com/

今なら初回体験1,500円!

お客様のダイエット成功のためにしっかりとカウンセリングをおこないます。
(体験所要時間60分〜80分)
強引な勧誘、物販は一切ございませんのでご安心下さい!