朝食を摂るメリットとデメリット 心身ともに健康的に痩せる方法 朝食編

皆さん、こんにちは!

イー・トレ心斎橋の杉本です!

皆さんは普段、朝食を食べますか?

自粛期間中の方が多いと思いますが、生活習慣など乱れて1日2食になってしまっている方も多いのではないでしょうか?

健康やダイエットのために、そもそも朝ご飯は食べない習慣の方もいるかもしれませんね。

 

本当に朝食を抜くことは健康に繋がるのでしょうか?

 

今回は朝食を食べることによる、メリットとデメリットについて解説していきます!

朝食を抜くとどうなる?

 

●栄養失調になってしまう。

現代の人はただでさえ栄養が足りていない人が多いのに、さらに朝食を抜くとやばいです。

 

●インスリンが大量に分泌される。

インスリンは血糖値を下げる役割や、脂肪をため込む役割があります。

 

●逆に太る

インスリンの作用によって脂肪が蓄えられやすくなり、太りやすくなってしまいます。

お相撲さんは1日2食生活でどんどん太っていきます。

 

このように、朝食を抜くことにはこのような影響があります。

皆さん、ついつい次のような食習慣になっていませんか?

 

最悪なパターン

●朝:抜き → 昼:バク食い(炭水化物) → 夜:飲みに行く or ウーバー

カロリーオーバーで、脂肪も蓄えられやすくなっているので普通に太ります。

●朝:抜き → 昼:外でランチ → 夜:痩せるために野菜だけ or 炭水化物だけ

栄養不足で、長期的に見ると健康に悪影響がありそうです。

このような食習慣になっている人は気をつけましょう!

それでは次に朝食を摂るメリットです!

 

朝食を摂るメリット

 

●体のリズムが整う。

人間の身体にはサーカディアンリズム(概日リズム)というものが備わっています。

それがずれてしまうと、不眠や精神疾患など、健康に様々な悪影響があります。

 

●筋肉が落ちるのを防げる。

朝起きるときは、身体を動かすために筋肉を分解して血糖値を上げようとします。

朝に何も摂らないと、筋肉がどんどん落ちていって、代謝がどんどん悪くなります。

 

●病気のリスクが減る。

ある実験によると、3食しっかり摂るグループと、

朝摂らないグループと分けて実感した際、

朝食を摂らないグループは冠動脈疾患を患う人が55%多かったといいます。

 

このように朝食を摂ることは、とても良い効果があります。

 

皆さんも、どうせ痩せるなら健康的なほうが良いですよね?

基本は3食しっかり食べて、その中でカロリーや栄養素を意識していくことです。

ただし、栄養の少ないお菓子や白いもの(小麦粉や砂糖など)ばかりではなく、

身体に良いものを選んで食べていきましょう!

 

ちなみに僕の朝食はいつも

コメ(白米 or 玄米)、みそ汁、納豆、めかぶ、プロテインです。

 

最後まで読んで頂いて有難うございます。

これからも皆さまの美と健康を支えられるように、色々な情報発信をしていきます。

他にも、こんなことについて知りたい!など

ご意見いつでもお待ちしております。

ご質問、ご要望のある方は、公式LINEまたはインスタのDMまでお願いします!

公式LINE
↓ ↓ ↓
https://lin.ee/4jd0hNG

公式Instagram
↓ ↓ ↓
https://www.instagram.com/

今なら初回体験1,500円!

お客様のダイエット成功のためにしっかりとカウンセリングをおこないます。
(体験所要時間60分〜80分)
強引な勧誘、物販は一切ございませんのでご安心下さい!